生える 育毛剤

育毛剤の成分とその効果

1)刺激を与える成分
刺激を与える薬を髪になじませて治療する方法は、病院でも脱毛の治療に利用されています。
原理的には、頭部の血行を良くし、髪に栄養を与える方法である。唐辛子エキス、D-パントテニアルコール、センブリエキス、メントールなどはすべて、頭皮に刺激を与え、血行を促進させる成分です。

 

2)栄養素
育毛剤には、ビタミン類が入ったものが多いようです。
ただし、栄養素は口で取って血液中に体内に運ばれるのが普通なので、栄養素が含まれているからといって、直接頭に栄養が行き渡るわけではありません。
それよりむしろ、フケが変性して、頭皮に悪影響を与える過酸化脂質とよばれる有害物質になることを防止するのに効果がある、というほうが正しいのでしょう。D-パントテニアルコール、ビタミンE、塩酸ピリドキシンなどがこれに該当します。

 

3)その他の成分
バイオヒアルロン酸という成分は、弱酸性で肌にやさしく、適度な保湿作用があります。
塩酸ジフェンヒドラミンは、抗ヒスタミン作用があります。育毛剤によっては、角質を溶解させるレゾルシン、髪にツヤを与える感光素が入っているものがある。
漢方医学的な方法で漢方薬を精製して作ったもので、毛穴に詰まった脂質を除去して、毛穴を開き皮脂性の過剰分泌された脂肪を除去し、有害な細菌の活動を抑制し、血液の循環をスムーズにし、毛根の活性を強化する製品も販売されています。

 

以上の成分の組み合わせが頭髪、頭皮に作用し、脱毛を防止、発毛にも効果があるといわれています。
また、「育毛剤の中に塗った後、頭をたたく」ということが記載されたものもあります。頭に刺激を与えることで血行を良くし、育毛剤を使用するときは、豚毛等のブラシで叩いたり、指のはらを使用して打つようにすると良いのです。

 

生える,育毛剤生える育毛剤はこれ